未払い残業代請求を弁護士に相談してみよう

未払い残業代の問題で悩んでいる人は少なくありません。

いつか請求しようと思いながら迷っていると、時間だけがどんどん過ぎていき、肉体的にも精神的にも大きなストレスを抱えることになります。ところで、この未払い残業代には時効があるのをご存知でしょうか。

時効は労働基準法第115条によって2年と決められています。そのため2年を過ぎるとそれ以前の分の未払い残業代を請求することができなくなり、さらに時間が経過するごとに請求できる金額はどんどん減ってしまいます。自分が働いた正当な賃金に対して支払い請求ができなくなるというのは納得のいかないことでしょう。

そのため様々な事情ですぐに残業代の請求が行うことができない場合でも、未払い残業代の請求権の時効を中断させる手続きを取るなどの必要があります。詳しいことは専門の弁護士に相談するのが良いでしょう。無料で相談を行っている弁護士事務所もあります。

問題が大きくなるごとに、自分では手に負えなくなってしまうものです。そのようなときのために弁護士が存在しているわけですから、気軽にまずは相談してみると良いでしょう。その後、実際に未払い残業代の請求を行うことに決めた場合も、そのまま弁護士にその手続きを進めてもらうようにすれば余計な手間を省くことができるだけでなく、精神的な負担を大きく軽減させることができます。

そう考えると、多少の手数料を支払ってでもそれだけの価値があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です