未払い残業代の相談や請求は弁護士に依頼

弁護士は庶民生活を支えるお仕事です。

困った事があるなら身近な法律事務所に問い合わせ、相談にのってもらいましょう。最近は多くの労働者が職場の悩みを抱えて相談に訪れています。職場でのパワーハラスメントやセクシャルハラスメントに悩んで弁護士に相談をする人々もいらっしゃいます。

職場での悩みはなかなか職場の人間には言えません。パワーハラスメントを受けている上司に相談する事はそもそも無理でしょう。またお給与についての相談事を持ち込む人々も近年増加しています。

給与がなかなか振り込まれない、契約する前に聞かされていた年収とはかけ離れたお給与しか受け取れていない、色々と理屈をこねられて残業代の振込が行われない等、現代的な労働問題の悩みが日夜弁護士に相談されています。その中でも近年特に問題視されているのが残業代です。

未払い残業代を会社側に請求したが、なかなか良い返事がもらえず、経済的に困窮しているサラリーマンやオフィスレディの人々がいます。未払い残業代が振り込まれたら、生活やローン返済が楽になるのにと悔しい思いをしている人々もいます。

未払い残業代の請求自体は労働者個人でも可能です。しかし、会社によっては出来る限り、未払い残業代の振込を先送りしたいという思惑があり、個人からの請求は出来る限りスルーしようとします。弁護士に相談すれば未払い残業代を法的なアプローチで強く請求出来ます。

もちろん合法的な手法ですし、そもそも残業代は労働者が正当に受け取れるお金ですので、相談したり請求する事に負い目を感じる必要はありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です