未払い残業代は弁護士に相談することで解決できます

ここ数年、新聞やテレビなどで未払い残業代の請求に係る問題が取り上げられる機会が増えています。

この問題は、非常に根が深く、単に残業代が支払われていないだけでなく、労働者の健康被害に及んでいたり、職場の悪しき慣習などの問題にもつながることから、労働者が一人で会社に対して申告しても解決に至らないケースも少なくありません。また、会社に対して申告すると、そこに居づらくなると考えて泣き寝入りしてしまう人も少なくありません。

しかしながら未払い残業代の請求については、弁護士に依頼すると円滑に解決することができます。というのも最近では、未払い残業代を始めとした労働問題において労働者が不利益を被る事案が増えており、そこに特化した弁護士事務所も増えています。

こういった弁護士事務所では、数多くの判例を取り扱っていますから、様々な事例に応じた解決策を持っており会社との交渉にも長けていますから安心して依頼することができます。弁護士事務所に未払い残業代の請求を依頼する場合、その費用について心配する人も少なくありませんが、大抵の場合は無料で相談することが可能です。

相談内容に対しては解決策やおおよその費用について提案がありますから、そこで依頼するか否かを決めれば良いのです。未払い残業は重大な労働契約の違反であり、見過ごすことは労働者にとっても会社にとっても良いことではありません。

未払い残業代について疑義があるのであれば、速やかに弁護士に相談することが得策です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です