年俸制でも残業代は発生する~ただし例外もある

一般的に多く採用されている給与形態としては月給制、もしくは時給制が挙げられます。
月給制は月に支給される給与額が決まっている形態で、時給制は1時間単位での給与額が決められており、働いた時間分だけ給与が支給されると言う仕組みです。

しかしこれ以外にも給与形態は様々あり、年俸制もそのひとつです。年俸制は年単位で給与額が決められていると言う仕組みで、馴染みのあるところだとプロ野球選手などに採用されていることが多い給与形態として挙げられるかもしれません。

年俸制においては基本的には1年単位で給与額が決められているわけですから、何時間働いたのかと言うことは時給制ほどは重視されていないため、残業代に関しても支払う必要はないと言う理解が通っていることもあります。

しかしこれは当然、間違いです。
そもそも年俸制と言うのはあくまでも給与形態のひとつであり、事業者と給与を受け取る人、すなわち労働者の間に雇用関係がある以上は、事業者は労働者の労働時間を管理する必要があります。そしてその中で法定労働時間を超えていた場合には、しっかりと残業代は発生し、それを支払う必要があるのが常識です。

ただし年俸制の中には、改めて残業代の支払いが発生しないと言う種類もあり、それがみなし時間制がセットになっている場合です。みなし労働時間制とは、あらかじめこれくらいの労働時間が必要だろうと言う推定のもとで残業に関しても想定がなされており、それに対しての残業代も給与の中に組み込んでおくと言う仕組みのことです。

この場合、その時間数の残業に対する賃金は年俸の中に組み込まれているので、改めてそれが支払われることはないのが基本です。ただしこの場合、1ヶ月の残業時間とそれに対しての賃金がきちんと明記されていることが必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です